ブログサポートプログラム

この記事ではニッチキーワードを使った記事の具体的な書き方を解説します。

記事の書き方には王道と呼ばれる型があります。

その型を使うことで一定のクオリティを保った記事が書けるようになるでしょう。

実際に記事を書く時のコツとあわせてご説明します。

 

記事作成には王道の型あり

記事作成の王道の型は以下の構成で出来ています。

【手順④】記事の作成方法(テンプレあり)

過不足なく至極シンプルな構成のため、どのような記事にも対応できるでしょう。

以下で構成の詳細をご説明します。

 

リード文(結論)

記事の一番初め、タイトル直下にくるのがリード文です。

この部分は記事の中でも非常に重要度が高いため、読者が一番欲しい情報を書くのが鉄則。

読者が一番欲しい情報とは、検索キーワードに対する答えです。

世間話やその他の情報など、余計な前置きは離脱に繋がるので止めましょう。

古いマニュアルには「結論は中盤から最後に書く」とあるかもしれませんが、スキマ時間を使ってスマホで検索する現代人の忙しい生活には、全くマッチしていません。

読者の満足度を上げるためにも、リード文(冒頭)に読者が求める結論を書いてください。

 

見出し1(理由)

結論を書いたら、次に書くことはその結論に対する理由や原因です。

人は誰でも無意識に「答えの理由」を知りたがります。

  • その答えの根拠となるデータがあるならそれをわかりやすく伝える
  • 経験からの結論なら自分の経験談や考えをわかりやすくまとめる

これらのことを結論の次の見出しに書きましょう。

そうすることにより冒頭の結論が説得力を増します。

 

見出し2(補足・提案)

この見出しでは理由についての補足を書きます。

前の見出しで読者に生まれた不安や疑問を解決する内容がよいでしょう。

例や体験談を追加するのもおすすめです。

 

また見出しの数は決まっていません。

見出しについては、2つに限る必要は全くありません。

逆に見出しを増やし情報を網羅的に書くことで、検索エンジンからの評価は上がります。

さらにライバルサイトとの競合にも勝ちやすくなるでしょう。

追加する項目としては以下のようなものがおすすめです。

  • 口コミ
  • 自分の感想
  • メリットとデメリット
  • 注意点 など

 

まとめ

記事の総括です。

その記事のテーマについて、最終的なあなたの考えなどをコンパクトにまとめます。

また記事中で重要なポイントを再度手短にまとめて書いても良いでしょう。

 

記事を書く時のコツ3つ

記事を書くにあたり、意識しなければいけない3つのことをご紹介します。

以下の3つは読者にとってわかりやすい記事であるため、そしてライバルサイトに勝つためにも、ぜひ実践していただきたいポイントです。

  • 記事構成は基本通りに
  • ターゲットを設定する
  • 記事の文字数はライバル以上を目指す

では1つずつご説明します。

 

記事構成は基本通りに

先ほどお伝えした記事構成(下の画像)はできる限り崩さないようにします。

【手順④】記事の作成方法(テンプレあり)

「冒頭に結論を書くこと」、これは基本であり特に重要です。

読者の知りたいことを先に伝えることで、読者は満足し次の新たな情報を知りたくなります。

それによりサイトの滞在時間が長くなり、結果として検索エンジンからの評価もあがるでしょう。

「答えを知った読者はすぐに離脱するのでは?」と思うかもしれませんが、実は全く逆なのです。

結論を冒頭に書くだけで読む価値のある記事になり上位表示できる場合もあります。

記事構成は基本を守り崩さないようにしましょう。

 

ターゲットを設定する

記事のテーマに関わらず「どのような人がその記事を読むのか?」というターゲット設定を明確にします。

このターゲット設定で注意しなければいけなのはターゲットの範囲です。

  • ターゲット設定は広すぎず狭すぎず

曖昧ではありますがこれがポイントです。

例をあげてみます。

まずは広すぎるターゲット設定の例です。

  • 30代の男性会社員
  • 子育て主婦 など

このような曖昧なターゲットでは必要としている情報が全く想像できません。

今度は逆に狭すぎるターゲット設定の例です。

  • 新卒で東京に住む高収入の男性会社員
  • 0歳の女の子を初めて育てる20歳代の育児ママ など

この場合対象を絞り過ぎているため、記事に興味のある読者を集めるのが難しくなるでしょう。

このようにターゲット設定は広すぎず狭すぎず適切な範囲で決めることが重要です。

また実際に記事を書く際には、ターゲットとなる人をイメージしてから書き始めるとよいでしょう。

そうすることにより誰に向けて書く記事なのかがはっきりし、ターゲットにより伝わりやすい文章が生まれます。

 

記事の文字数はライバル以上を目指す

記事を上位表示させたい時は、最低でもライバル記事以上の文字数を目指します。

検索エンジンの最近の傾向としては、文字数が多い記事が良い評価を得ています。

ライバルの記事をチェックするなどして読者が必要な情報を網羅した記事を書くと、文字数は自然とライバルの文字数を超えるでしょう。

目安としては、5,000文字以上であれば上位表示されやすく、1万文字以上であれば更に上位表示されるチャンスは高くなります。

 

記事の作成方法の説明は以上です。

>>次へ進む:【Twitter】運用戦略 商品紹介ツイートを拡散する方法