外部noteコピペ
見出し画像

【丸パクリOK!】商標記事(レビュー記事)のテンプレートを5000文字で解説!

・著作権について
本冊子並びに本冊子の表記は、著作権法で保護されている著作物です。
本冊子の著作権は発行者にあります。
本冊子の使用に関して、以下の点を十分ご留意ください。

・使用承諾に関する契約
本契約は、本冊子を持つ個人・法人(以下甲)と発行者(以下乙)との間での契約です。
本冊子を甲が受理し開封したことにより、以下の契約に同意したことになります。

第一条 本契約の目的
乙が本冊子に含まれる情報を、本契約に基づき甲がしようする権利を承諾するものです。
ただし、使用は非独占的なものに限られます。

第二条 禁止事項
本冊子に含まれる一切の情報は、著作権法によって保護されます。本冊子に含まれる情報を、甲は乙の書面による事前許可なくして出版・講演活動およびメディア配信などによって一般公開することを禁じます。また、電子メディアによる配信等によって一般公開することを禁じています。特に当ファイルを 第三者に渡すことは厳しく禁じます。甲は自らの所属する会社や組織においてのみ、本冊子に含まれる情報を使用できるものとします。

第三条 損害賠償
甲が本契約の二条に反し、乙に損害が生じた場合には、乙は甲に対し違約金を請求する権利を有するものとします。

第四条 契約の解除
甲が本契約に反したと乙が判断した場合は、乙は使用承諾に関する契約を解除することができるものとします。

第五条 免責事項
本冊子に含まれる情報の使用責任の一切は甲にあり、この情報により甲に損害が生じても、乙は一切の責任を問われません。

画像6

メルマガの登録・限定noteの確認をありがとうございます!

限定note作成者のタケウチです!

僕は10年以上SEOアフィリエイトに取り組んでいるのですが、思うように報酬が伸びない期間も経験してきました…。

でも、このnoteで紹介している商標記事(レビュー記事)の書き方を極めたところ、月に100万以上のアフィリエイト報酬を安定的に得られるようになったのです!

色々なタイプの記事を書いてきましたが、今でも収益の大部分は商標記事から発生しています!

中には1記事で月100万円以上も報酬をあげるような記事も…。

この限定noteではそんな商標記事の書き方についてまとめています。

商標記事(レビュー記事)とは、特定の商品を紹介する記事のことです。

商標記事は成約率が非常に高く、ブログ初心者でも報酬を上げやすい!

また、形がある程度決まっているので、テンプレートを作ってしまえば効率化出来るのも大きなメリットです。

そこで、メルマガに登録してくれたあなたのために、1000本以上商標記事を書いてきた(多分ww)僕が、商標記事の基本構成について解説していきます。

こちらのマインドマップでまとめている内容を順次解説していきますので、あなたのブログに役立ててもらえれば嬉しいです!

商標記事構成要素

なお、当限定noteは、ダイエットサプリ・化粧品・育毛剤などのいわゆる『美容系商品』向けの内容となっています。

美容系以外のジャンル(格安SIM、転職サイト、おもちゃのサブスクなど)の場合には少し勝手が変わってきますが…基本的な考え方は同じです!

まずは全体を通して読んでみた上で、あなたが取り扱っている商品にどのように応用するのか?考えながら取り組んでみて下さいね!

(あなたが美容系商品を取り扱っている場合はそのまま丸パクリしちゃってもOKです!笑)

このnoteを読んだ人の感想

こちらのnoteは多くのブロガーさん、アフィリエイターさんに『有益すぎる』とのコメントを頂いております!

中には月7桁を超えるアフィリエイターさんも…!

実際に僕が成果を出しているテンプレート・考え方なので、ぜひ参考にしていただければと思います!

①:シンプルでOK!【商標記事のリード文】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・リード文はシンプルでOK
・ファーストビューにアフィリエイトリンクを入れる
・その商品がおすすすめ出来ることを伝えて背中を押す
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

リード文とは、最初の目次の前の導入文章のこと!

商標KWで検索する人は、基本的にはそれほど悩んでいません。

それほど悩んでいない人に対して、長々とリード文を書くのは嫌われるので…

僕は、商標記事のリード文は、3文程度(200文字~300文字程度)でシンプルにまとめるようにしています。

画像12

商品名で検索している時点で、かなり購買意欲が高いので、軽く背中を押して上げるだけでも商品を購入してくれる可能性があるのです!

購買意欲の高い訪問者が、すぐにリンクをクリックできるように、スクロールしなくてもクリックできる場所にアフィリエイトリンクを設置しておきましょう!

どんなキーワードでアクセスしているかにもよるので断言は出来ませんが…商標記事は最初のアフィリエイトリンクをクリックされることが多いので、リード文内にリンクを置かないのはもったいないですよ!

②:商標記事の要!【商品レビュー!】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・オリジナル画像を使う
・出来るだけ細かく写真を撮影
・写真→テキスト→改行→写真…という流れで作成
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

商品レビューは、商標記事の要です。

他のブログと差別化出来るポイントなので、出来るだけ丁寧に作成するようにしましょう!

実際に商品を購入して、オリジナル画像を用意するのが最強です。

レビューのために、出来るだけ細かく写真を撮影!

僕は商品が届いた箱から、中にはいっている同梱物まで一つ一つ丁寧に撮影するようにしています!

商品を購入したかのように、訪問者に感じてもらうことを目指しましょう。

画像11

また、レビューの際には『どの写真に対する文章なのか?』がはっきり分かるように!

写真の前後に文章があると、訪問者が混乱してしまうので…。

写真の下にはその写真を説明する文章を置く。

次の写真を掲載する前に改行を入れて見やすくするのが大切です!

分かりやすいレビューを入れることで、あなたの記事が一気に魅力的になるはず♫

レビューの作成には結構時間がかかりますが、この限定noteの内容を参考にぜひ挑戦してみて下さいね!

③:【ネット上の口コミ】わかりやすく整理して紹介!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
①:Twitterやインスタなどの口コミを埋め込む
②:アットコスメや知恵袋などの口コミを引用タグを使って記載
③:クラウドソーシングサイトを使ってリアルな口コミを集める
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

出来るだけ多くの口コミを見たい!という訪問者も多いので、ネット上の口コミをまとめておきます。

Twitterやインスタなどの口コミを使う場合、埋め込みコードを使うようにしましょう。

(キャプチャして貼り付けるのは規約違反になるかもですので…(汗))

知恵袋をはじめとしたQAサイトなどの口コミを使う場合には、引用タグを使って記載するようにして下さいね。

いずれの場合も、『多ければ多いほど良い』っていう訳では無いので、分かりやすい形でまとめるのがポイントです。

画像7

①と②だけなら誰でも出来ると思いますが、③をやると…ぶっちゃけ記事の順位がめっちゃ上がる可能性が…!

クラウドソーシングを利用することで質の高い口コミを簡単に集めることが出来るのです。

とは言え、上がるかどうか分からない記事に必要以上のコスト(お金&時間)を費やすのは効率が悪いので…

僕は『上がりそうだと思われる記事だけ』に対してクラウドソーシングで集めた口コミを入れるようにしています。

『クラウドソーシングを使った口コミの集め方』については、需要があればメルマガでお伝えしたいと思っています!

『もっと詳しく知りたい!』っていう人は、お気軽にメールで連絡して下さいね♫

④:どこが一番安い?【通販サイトでの取り扱い】

画像5

続いて、通販サイトでの取り扱い状況を紹介します。

『商品名+通販』などのキーワードで検索する人は、『すでに商品を通販で購入しようと思っている人』なので、購入しようという意欲が高い人だと言えるのです!

通販サイトでの取り扱い状況については、大手通販サイトでの販売状況をまとめて、表で紹介する形がおすすめ!

美容系商品の場合には、公式サイトで購入するのがお得だという商品が多いハズ!

公式サイトを利用するのがどれだけお得なのかを、視覚的に訴えかけるのがポイントです。

メルカリ・ヤフオクなどオークションサイトでの取り扱い状況も、こちらの見出しで紹介してあげても良いかもですね!

⑤:だいたい売ってないけど…【店舗での取り扱い】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・通販には抵抗がある人
・店舗で手にとって商品を確認したい人
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このような人のために、店舗での取り扱い状況を紹介してあげます。

ASP案件は通販限定の商品がほとんどなので、『取り扱いはありませんでした!』っていう内容になることが多いハズ。

同じジャンルのどんな商品が市販されていたかとか、通販のメリットとかを伝えてあげるのがおすすめです。

ただ、店舗で購入できるような商品もあるので、しっかりリサーチをするようにしましょう。

店舗で購入できるような商品の場合には、通販(公式サイト)のメリットについてしっかり伝えてあげましょうね!

⑥:サプリや化粧品なら気になる!【副作用】

画像4

続いては商品の副作用について解説していきます。

サプリや化粧品を購入する前に、成分をしっかりと確認するという人も多いみたい。

ただ、一つ一つの成分について詳しく解説しても、それはそれで読まれにくいと思うので…。

主要な成分について解説する形か、全成分の一覧を紹介しながら安全性を伝える形がおすすめです!

上位表示しているサイトのコンテンツを参考に、どのような形でまとめるのが分かりやすいか考えてみて下さいね。

⑦:購入前に知りたい人も!【解約方法】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・解約方法
・解約時の電話番号
・解約の際の注意点
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

このあたりの情報を表でわかりやすくまとめてあげましょう。

商品を購入する前に解約方法も確認しておきたい…そのような人も多いはずです!

注意点としては、解約を訴求するような文言は入れないこと!

例えば『〇〇サプリは初回から解約することが出来るのでとりあえず購入しておきましょう!』みたいな訴求をしてしまうと、広告主さんから嫌われる可能性が…。

『〇〇サプリは初回から解約することが出来ますが、効果を実感するためには一定期間継続する必要があります。よほど体に合わなかったという場合を除いて、数ヶ月間は継続するようにして下さいね!』

このような書き方をすれば、いつでも解約出来るということとも、ある程度の期間継続して欲しいということを自然に伝えられるはずですよ!

⑧:箇条書きで整理!【メリット・デメリット】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・メリットよりも先にデメリットを伝える
・デメリットよりもメリットの数を多くする
・可能であればデメリットは偶数にする
・可能であればメリットは奇数にする
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

メリット&デメリットについては、別の大見出しで書くこともあれば、同じ大見出し内で書くこともあります。

ポイントを4つ紹介しましたが、先にデメリットを伝えることで、メリットをさらに際立たせることが出来るはず!

また、『偶数=少ない』『奇数=多い』という心理的な錯覚を利用して、可能な範囲でメリットやデメリットの数を調整するようにしましょう。

⑨:こちらも箇条書き推奨!【おすすめする人・しない人】

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
・先におすすめしない人を紹介する
・おすすめしない人よりもおすすめする人の数を多くする
・可能であればおすすめしない人は偶数にする
・可能であればおすすめする人は奇数にする
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

おすすめする人、しない人についても、メリット・デメリットと同じようなポイントを意識しましょう。

僕の場合は、おすすめする人・しない人については、同じ大見出しで書いてしまうことがほとんどです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
h2:おすすめする人・しない人
h3:おすすめしない人
h3:おすすめする人
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

こんな感じの構成ですね!

記事のLPや想定しているペルソナをイメージすることで、訪問者にささるコンテンツが出来上がるはずですよ!

⑩:まだ購入を迷っている人向けに【他の商品との比較】

画像3

他の商品との比較コンテンツは、購入を迷っている人に対して非常に有効です。

スペックを重視する人には特に効果的!

比較する商品が多すぎると、逆に分かりにくいと思うので…。

そのジャンルの人気商品を中心に5商品程度を比較する形がおすすめです。

比較表を使ってわかりやすく整理して解説してあげて下さいね。

なお、可能であれば、別の商品への内部リンクも設定するのがおすすめです。

『○○な人にはこの商品がおすすめ』っていう形で誘導すれば、興味を持った訪問者が、別のページを訪れてくれるはずなので!

(ただし、特定の商品を悪く言うような表現は避けて下さいね!(笑))

⑪:拾い切れていないKWを網羅!【Q&A】

画像2

最後のコンテンツはQ&Aです。

見出しで拾いきれなかった細かいKWを、QAコンテンツでしっかり拾っていくイメージですね。

QやAが長すぎるとリズムが悪くなるので、僕はなるべくシンプルに作るように意識しています。

QAの数は5個~10個にすることが多いのですが、偶数よりは奇数のほうが見栄えが良いハズ!

(10個はキリが良いのでOKかなって思います!)

サーチコンソールで評価されたKWを、QAに入れるのもおすすめですよ!

画像8

また、狙っている商品であまり複合キーワードが出てこない場合には、『同じジャンルの有名商品で複合キーワードを調べてみる』というテクニックが有効です!

同じジャンルであれば似たような複合キーワードが表示される可能性が高いので、QAのネタに困った時にはぜひ試してみて下さい!

別の商品の公式サイトをチェックしたり、別の商標キーワードで上位表示しているサイトを参考にするのもおすすめですよ。

商標キーワードを複数の記事で狙いに行くかどうかはライバル次第…!

画像9

こちらのnoteでは1商品を1記事で網羅する場合のテンプレートを紹介しました。

ただし、ライバルが強い商品の場合には、記事を分けて書いたほうが良い可能性が…。

1記事で網羅する場合にはスピード感を持って執筆出来るので、売れるか売れないか分からない商品を狙う場合にはピッタリ!

記事を分けて書いたほうが1記事1記事が評価される可能性は高いのですが、手間がかかるのと、同じような記事が増えてしまう可能性があるのがデメリット…。

いずれも一長一短なので、ライバルサイトの状況などを確認して、どのような形で記事を書いていくのかを決めてみて下さいね!

ガチで添削!商標記事の参考動画を紹介します!

この章では僕がフォロワーさん2000人を達成した時の商標記事への添削動画を紹介しています。

冒頭でお伝えした通り、僕のアフィリエイト報酬のほとんどは商標記事から発生していますので…

この動画を視聴することで、『売れる商標記事の書き方』がしっかり理解できるはずですよ!

少し長い動画になりますが、ぜひじっくり視聴してみて下さい!

また、メルマガ読者さんやフォロワーさんに喜んでもらえるような動画を今後も作っていければと考えているので、良かったらチャンネル登録も頂ければと思います~!

限定noteのまとめ&商標記事への取り組み方

画像10

以上、商標記事の書き方について紹介しました。

ちょっとボリュームのあるnoteになってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!

今回は美容系の商品について解説しましたが、サービス系の商品でも、基本的には似たような構成で大丈夫だと思います!

大切なのは、訪問者が求めている情報を整理して、わかりやすく伝えること!

需要の大きいニーズから順番に解説していくようにしましょう。

★商標記事の取り組み方★
①:取り扱う商品を決める
②:狙うキーワードを決める
③:まずはレビューなしの記事をアップする
④:上位表示できそうであればレビューを追記する
⑤:口コミや足りないコンテンツを順次加筆する

最初からレビューを入れるのが理想ですが、商品の購入費用などを考えると難しいところ…。

そこで、最初はレビューなしの記事をアップして、後からレビューを追記するような形のほうが現実的だと思いますよ!

商標記事は、売れる商品を見つけることができれば、驚くほど簡単に収益をあげることが出来ます!

この限定noteの内容を参考に、ぜひ商標記事に取り組んでみて下さいね!

補足の情報などは随時加筆していければと思います!

また、疑問点や不安点などあれば遠慮なく質問して頂ければ幸いです~!

最後まで限定noteを読んで頂きありがとうございました!