SNSサポートプログラム

今回の記事では「固定ページの作成」についての情報をシェアさせて頂きます。

固定ツイートとは?

固定ツイートとは、自身が投稿したツイートをプロフィール上部にピン留めできる機能のこと。

本来、ツイートを投稿する度に古いツイートはタイムラインで流れてしまいますが、固定ツイートならピン留めした投稿が自身のページの上部に固定されます。

固定ツイートに設定されたツイートはプロフィールのトップに表示され続け、「固定されたツイート」と表示されため、自己紹介や宣伝ツイートを固定ツイートに設定するのが一般的な使い方になります。

固定ツイートの活用例

「そんなこと言ったってあんまりイメージできないよ!」って方のために、ゴンドルフの例を持ってきました!

固定ツイート

これは、画像付きのツイートを固定ページに設定し、プロフィール内のURL部分をクリックしてもらえるようなイメージで設定しました。天才ですよね。笑

他にも以下のように使っている人もいます。

  • 過去の自分の反応がよかったツイートを設定してる人
  • 宣伝動画を埋め込んだツイートを設定してる人
  • 企画の案内を設定してる人

その方の属性によって使い方が違います。

固定ツイートの注意点

固定ツイートを設定する際の注意点はこんな感じです。

  • 固定ツイートに指定できるのは1件のみ
  • 固定できるのは自分のツイートだけ
  • 固定する元のツイートが削除してしまった場合は固定ツイートも削除される


この3つは最低限理解しておきましょう!

それぞれ軽く説明させてもらいますね。

固定ツイートに指定できるのは1件のみ

固定ツイートに指定できるツイートは1件のみです。言い換えれば複数のツイートを固定表示することはできません。

すでに固定ツイートがある状態で他のツイートを固定した場合、先に固定していた方が解除されて上書きされる事になるので覚えておきましょう!

ただし、固定ツイートに設定した投稿に対して自分でリプライをする事は可能です。

例えば、固定ページに自己紹介のツイートを設定したとします。

でも、1つのツイートの文字制限は140文字。140文字で自己紹介は全部まとめきれなかったりしますよね?

その場合、固定ツイートに自分でリプをすることで140文字追加で入力することができるため、自己消化を追加していきましょう!

固定できるのは自分のツイートだけ

固定ツイートに設定できるのは「自分のツイートだけ」です。

言い換えれば、自分以外のユーザーのツイートを引っ張ってきて自分の固定ページに設定することはできないってことです。

ただし、自分以外のユーザーのツイートを引用ツイート(コメントをつけてリツイート)したものであれば設定することは可能です。

・・・要するに、自分から発信したものであれば設定が可能ってことです!

固定ツイートの設定方法

では実際に固定ページを設定する際の手順を説明していきます。

流れとしては以下の通り。

①固定表示したい自分のツイートの右上にある「・・・」をタップ。

②表示されたメニュー内の「プロフィールに固定する」をタップ。

③最終確認メッセージが出たら「固定する」をタップ。

これで固定ツイートの設定ができます。

固定ツイートの解除方法

最後に、設定した固定ページの解除方法について説明します。

①固定しているツイートの右上にある「・・・」をタップ。

②表示されたメニュー内の「プロフィールから固定を解除」をタップ。

③最終確認メッセージが出たら「固定を解除」をタップ。

上記の順番で設定した固定ページの解除が可能です。

固定ページに関しては設定も解除も何度でも可能なので、実際にやってみることをおすすめします!

 

>>次へすすむ:露出することの重要性と施策