SNSサポートプログラム

今回の記事ではフォローとフォロワーの比率について説明していきます。

フォローとフォロワーの比率

フォローとフォロワーの比率は「FF比率」と呼ばれます。

もっと略されてFF比とも言います。

このFF比は、フォローよりもフォロワーが多い方が良いと一般的に言われています。

つまり、フォロー/フォロワー=0.9以下であることなどが理想とされています。
(推奨する説はアカウントの属性にもより、0.5や0.7などと言われています)

芸能人のアカウントや一部の超人気アカウントの中には、フォロー数が極端に少なかったりしますよね。

それを真似ることでブランディングするという戦略のようですが、芸能人はそもそも広告として利用しているため、そもそもフォローバックする考え方がない、もしくは、あったとしてもフォローが追い付かないと推測されます。

なんとなく同じような比率に無理やりすることはできると思いますが、無駄だと思うので辞めましょう。

初心者が目指すFF比

ツイッターの場合、相手が友達だと思ってくれているかどうかが明確に分かってしまうので、変な意識をしてしまいますが、リアルの場面では、そんなこと気にしませんよね。

自分がいいなと思う人を友達だと認識するように、フォローすればOKです。

逆の立場に立った場合、単純に友達だと思ってもらえたら嬉しいし、自分も友達だと思い始めるますよね。

つまりフォローされたら、フォローする。当然の流れであると考えます。

そもそもFF比なんかでモノを見るのではなく、その方をしっかり見ましょう。

折角、「友達だよ」って言ってくれているのに無視するのもイマイチだなぁと私は思っています。

初心者の方は、どうしてもFF比率に拘りたいのであれば、1,000名を超えるまではフォロー先行で行きましょう。

そして、1,000人を超えたらRT企画などのお約束したフォローバック以外をストップしてみて下さい。これで良い感じのFF比率を実現できると思います。

理由は1,000人到達以降、企画以外からのフォローも増加する傾向にあるからです。

確証はありませんが・・・フォローが増えるにつれて「おすすめユーザー」への表示確率が大幅に上昇するものと推測されています。

最初のうちは、とにかくフォローしていきましょう!

 

>>次へすすむ:フォローを活用した立ち回り