ブログサポートプログラム

この記事ではサイト構成についてご説明します。ブログにあまりアクセスが集まらない方は一度、サイト構成を見直してみましょう。

今まで感覚的にサイト構成をしていた方も基礎をしっかり学ぶことで、SEOに強いサイト運営が目指せます。

サイト構成とは

サイト構成は簡潔にいうと「サイトのカテゴリーを整理して分けること」です。カテゴリー別に分けた記事を階層構造化して、サイトを組み立てていきます。

 

適切なサイト構成ができているとサイト全体の内容がすぐに分かり、必要な記事に瞬時にたどり着けることでしょう。これは読者の満足度向上へと繋がります。結果、検索エンジンの評価も高まり、SEOにも良い影響を与えられます。

サイト構成のコツ

サイト構成を考える際には、以下のポイントに気をつけましょう。

  • 読者目線で構成する
  • 階層を増やしすぎない
  • ページの優劣をつける

 

まず最初に「読者目線で構成する」ことが重要です。読者が求める記事を適切な場所に置くことで、必要な記事を見つけやすくしなければなりません。

 

そのためには「階層を増やしすぎない」ようにしましょう。サイトの階層が深くなると、読者が必要な記事にたどり着くまでに時間がかかってしまいます。あわせてカテゴリーや記事も増やしすぎないよう注意が必要です。情報は多ければいいというものでありません。サイト構造が複雑になれば読者が必要な情報を見つけづらくなるだけでなく、SEOにも良くありません。

さらに読者を記事へと誘導するためには「ページの優劣をつける」ことも欠かせません。ページの優劣はカテゴリー分けでおこないます。大カテゴリーと小カテゴリーを分けて、階層を作っていきましょう。

SEOへの影響

サイト構成はSEOにも影響を与えます。以下の点に気をつけることで、SEOを意識したサイト設計へと繋がります。

  • 分かりやすいカテゴリー分け
  • サイトマップの設置
  • 内部リンクを繋げる
  • コンテンツの質を高める
  • 鮮度の高い情報を提供

SEOに強いサイトとは、一言で言えば「読者の満足度が高いサイト」です。読者の満足度を高めるには、コンテンツの質を高めると同時に、カテゴリーを分かりやすく整理することが大切です。サイトマップがあるサイトや内部リンクが張り巡らされているサイトは、記事が見つけやすくなりSEO効果が期待できます。更新頻度が高く鮮度の高い情報を提供することもSEOに良い影響を与えると言われています。

 

>>次へ進む:【ジャンル】特化型ブログと雑記型ブログ