提携コンテンツのご紹介

この記事では株式投資についてご説明します。

株式投資は投資初心者や年齢制限がないため、学生にも人気の資産運用法です。

しかし実際の投資にはまとまった資金が必要なことや、常に損失のリスクがあることなど、始める前に知っておかなければいけないことがあります。

この記事では株式投資とは何か、そのメリットとデメリットをご説明しています。

 

株式投資とは?

まず株式投資とは何かをご説明します。

株式投資とは、企業(株式会社)が事業資金を得るために発行した株式を売買し、その差額で利益を得ることです。

企業の業績が上がれば株式を所有する株主には配当金が分配され、不労収益も得られるでしょう。

株式投資で売買される株式の値段を「株価」といい、それは絶えず変動しています。

株価の変動の原因として考えられるのは主に以下の4つです。

  • 経済的要因 (金利、為替、景気動向など)
  • 社会的要因 (政策、社会情勢、災害、戦争など)
  • 株式市場の要因 (投資家の動向、市場の取引規制など)
  • 個別要因 (企業の業績、ヒット商品の有無など)

これらの要因が複雑に絡み合って、株価を常に変動させています。

 

そして株価の変動からは、以下のような状況がみてとれます。

  • 株価が上昇=景気が良く企業の業績も好調
  • 株価が下落=景気が悪く企業の業績も悪化
株を売買する~株式投資~

株式投資ではこの株価の上下変動を利用して売買し、差額を利益としています。

例えば「株価が安い時に買い、高くなったら売る」。

これを繰り返し行い、コツコツと収益を積み重ねるのが株式投資です。

よく株式投資を運任せのギャンブルのように捉えている方もいますが、それは間違いです。

株式投資には株価の変動を分析する知識と経験、そして世の中の最新情報の収集が必要となります。

それらの分析や情報を元に、株式を売買する絶妙なタイミングを見つけださなくてはいけません。

運任せに売買して利益を出せるほど甘くはないのです。

また株式投資をする場合、元金となる資金はできる限り多い方がよいでしょう。

資金が10万でも100万でも、利益を出すためにかける時間と労力は同じです。

それならば資金は少しでも多い方が効率的です。

 

株式投資のメリットとデメリット

では株式投資のメリットとデメリットを見ていきましょう。

株式投資はその仕組みのわかりやすさから、初心者に人気の資産運用です。

しかしどのような投資にも必ずリスクはあります。

実際に株式投資を始める前に、そのメリットとデメリットを理解しておきましょう。

まずはメリットからみていきます。

 

メリット

  • 収益が早く出る
  • 高額の収益を出しやすい
  • 配当金などで不労所得化しやすい
  • 株主優待が受け取れる
  • 技術的なスキルの習得が必要ない

 

まず株式投資の最大のメリットは、収益化の早さです。

株価が常に変動しているということは、常に売買のチャンスがあるということ。

購入した時の株価よりも値上がりしたタイミングで売却すれば、即売却益が得られます。

また一度に多くの株を売買すれば、それだけ高額の収益を出せる仕組みです。

 

企業により、業績が好調な時には株主に配当金が分配されることがあります。

配当金は持っている株数に応じていますので、株を多く保有すればするほど配当金も大きくなります。

 

そして株主になるだけでお得な優遇サービスや、割引券を受け取れる株主優待もメリットと言えるでしょう。

最近ではこの株主優待を期待した投資も人気があります。

 

最後に、株式投資には技術的なスキルは全く必要ありません。

チャートの見方や相場の分析、専門の知識などは必要ですが、技術的なスキルは不要です。

実際に行う作業はチャートを見ながらマウスをクリックすること。

ワンクリックで収益を得られるとも言えるかもしれません。

次はデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット

  • 初期投資額が比較的高い
  • 希望通りの売買が成立するとは限らない
  • 値下がりリスクをゼロにできない

 

最大のデメリットは初期投資額が比較的高いことです。

元金となる資金がある程度ないと、収益が少ないばかりか株を購入すらできない場合があります。

最低でも50万円、できれば100万円以上の資金を用意しコツコツ収益を積み上げていきましょう。

 

株価は常に変動しているため、希望通りの売買が成立しないことがあります。

例えば株価が1000円の株式を少しでも安く購入したいと思い、900円で買い注文を出します。

しかし、希望通り900円まで株価が下がるとは限りません。

950円かもしれないし、逆に1200円まで値上がりしてしまう可能性もあります。

株価は企業の業績、経済状況、投資家の動向など様々なものに影響され変動しています。

そのため、思い通りに売買できないというデメリットがあるのです。

 

先ほどから何度もお伝えしていますが、株価は常に変動しています。

そのため、保有している株式が購入時よりも値下がり(元本割れ)してしまうこともあります。

時間とともに株価が回復すればいいのですが、そうではなく値下がりしたまま…ということもあるでしょう。

つまりそれは損失となってしまうのです。

残念ながら株価が常に変動している株式投資において、この値下がりリスクは回避できません。

 

以上が株式投資のメリットとデメリットです。

現在は売買取引の全てをネット上で行えることもあり、株式投資を始めるハードルは以前よりもかなり低くなってきています。

しかし、上にあげたようなメリットとデメリットがあることをよく理解し、資金管理をしっかり行った上で取り組むようにしましょう。

 

Gとの会合では最適な株式銘柄の自動選定AI・適切な投資配分を選定するサービス等をご紹介することが可能です。

ご質問や相談など随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせGとの会合公式ツイッターまでご連絡下さい!