提携コンテンツのご紹介

この記事では投資信託についてご説明します。

投資信託は投資初心者にとって参入しやすい資産運用法の1つです。

投資の知識や経験がなくとも、あなたに代わってその道のプロが運用を行てくれます。

そんな投資信託ですが、詳しい仕組みについて知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、投資信託とは、そして投資信託の仕組み、さらにメリットとデメリットについてご説明します。

 

投資信託とは?

まず投資信託とは何かをご説明します。

投資信託(別名ファンド)とは、投資家から集めたお金を資金とし、投資運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券に投資。

そこで出た利益をそれぞれの投資家に還元する「金融商品」です。

投資のプロである投資信託運用会社があなたの代わりに投資を行い、お金を増やしてくれるということです。

投資家は、運用を任せる専門家と投資する額などを選びますが、運用そのものは専門家へお任せすることになります。

運用会社は投資家から集めた資金を、国内外問わず、債券や株式、不動産などに分散させて運用し利益を得ます。

その利益は投資額に応じた分配金・償還金として、投資家の元へ戻ります。

その運用状況は定期的に発行される運用レポートで確認できるので安心です。

投資信託の販売は、大手証券会社や、身近なところではLINE証券や楽天証券などでも行われています。

  • 手数料の有無
  • 最低投資額
  • 取扱い銘柄の数
  • キャンペーンの有無

以上のような特徴を比較し、あなたの資産や希望する運用方法にあった投資信託を選ぶことが大切です。

 

信託投資の仕組み (流れ)

信託投資は投資家と取引市場との間にいくつかの機関が存在しています。

そのためその仕組みが一見複雑に思えるかもしれません。

この章ではその信託投資の仕組みについてご説明します。

以下は実際の投資信託の流れです。

投資はプロに任せる~投資信託~

 

図の仕組みを簡単にご説明します。

・投資家は投資信託販売会社を通じて申込む。

・販売会社は投資家から預かった申込金を運用会社にわたし、運用会社はそれを資金とする。

・運用会社は具体的な投資先などを考え、それに従い信託銀行に売買の指示を出す。

・信託銀行は運営会社の指示通りに売買し、投資家の資金を管理・保管する

・証券市場で出た利益は販売会社を通じて、それぞれの投資家の元に戻ることになる。

 

複雑に見える仕組みですが、一つ一つの機関がそれぞれ役割を果たすことで、投資家は安心した投資が可能です。

投資家から集めた資金も、信託銀行が「信託財産」として区別して管理しています。

そのため仮にどこかの機関が破綻などした場合でも、投資家の資金は守られる仕組みです。

しかし、売買の損失による元本割れの可能性は常にあることを覚えておきましょう。

 

投資信託のメリットとデメリット

ここでは投資信託のメリットとデメリットをご説明します。

プロに運用を託すため投資自体へのハードルは低い信託投資ですが、必ずメリットとデメリットが存在します。

参入する前に必ずチェックしておきたいポイントです。

ではメリットから見ていきましょう。

 

メリット

  • 投資のプロに運用を任せられる
  • 少額の資金で始められる
  • 異なるタイプの銘柄に分散投資できる
  • 信託銀行により資金が守られている

 

実際の運用を投資の専門家に任せられることは、投資信託の最大のメリットと言えます。

投資は日々の値動きを注視したり、最新の経済情報に気を配る必要があります。

しかし信託投資では投資家の代わりに専門家が運用を行うため、投資家は定期的なレポートの確認だけでよいのです。

 

投資信託は投資初心者や初参入者に向いている理由として、少額の資金で始められる点があります。

100円からでも投資できるため、投資の勉強をするつもりで始めてみてもいいかもしれません。

 

次のメリットは、リスクヘッジともいえる分散投資が可能なことです。

運用会社は投資する銘柄を国内外へと分散し、損失を最小限に抑える方法で運用しています。

投資家自身が銘柄を選ぶ必要はありますが、自然とリスクヘッジできる投資方法がとれるのは投資信託の大きなメリットの1つと言えます。

 

信託銀行により投資家の資金が守られているので、個人で投資するよりも安心安全と言えるでしょう。

先ほどの章でご説明した通り、売買までにはさまざま機関が関与しています。

万が一そのどこかに問題が生じても、投資家の資金は信託銀行によって保護される仕組みなので安心です。

 

デメリット

  • 元本保証ではない
  • 管理・運用には手数料がかかる

 

投資信託も他の投資と同じように、元本割れする可能性があります。

元本割れとは値下がりリスクとも呼ばれています。

投資信託も株式のように価格が変動するため、銘柄を購入したタイミングよりも価格が下がり、結果として元本を下回り損失となってしまうこともあるのです。

どのような投資にもリスクはつきものです。

覚えておきましょう。

信託投資の場合、管理・運用には手数料がかかります。

購入時(購入手数料)、保有時(信託報酬)、解約時(信託財産留保金)とそれぞれに手数料がかかります。

保有しているだけでも手数料がかかるので、長期運用をする場合の影響は小さくありません。

投資信託で賢く資産運用するには、手数料を減らし、手元にできるだけ多くの利益を残すことが大切です。

実際に申込みする場合には手数料の安い投資信託を選び、コスト削減を図りましょう。

 

以上が投資信託のメリットとデメリットです。

投資のプロが運用してくれるので、個人で行う投資よりも安心感が違いますよね。

しかし、元本割れなど投資においての基本的なリスクは個人で行う場合と何も変わりありません。

分散投資などのメリットは最大限に活かしつつ、手数料は最小限に抑えるなど、手堅い運用が投資信託で成果をあげるポイントになるでしょう。

Gとの会合では元本保証160%のオフショア投資・適切な投資配分を選定するサービス等をご紹介することが可能です。

ご質問や相談など随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせGとの会合公式ツイッターまでご連絡下さい!