ブログサポートプログラム

この記事ではトレンド記事の基本的な作成方法をご説明します。

記事の構成をある程度パターン化しベースを作りましょう。

この記事を読めば、記事のタイトルの決め方や1記事当たりの目安となる文字数など、トレンド記事の基礎的な作成方法が学べます。

 

タイトルは30文字以内

記事のタイトルは30文字以内を目安にします。

必ずではありませんが、できる限り30文字以内が理想です。

理由はSNSを使って記事を拡散をする際は、表示できるタイトルに限界があるからです。

そしてキーワードは必ず含め、下の画像のようにできる限り左詰めにしSEO対策も意識する必要があります。

下の画像はキーワード「ブログ アクセス数」の検索結果です。

ほぼ全てのサイトでキーワードを左詰めにしているのがわかると思います。

記事の作成方法(基礎編)

 

またライバルサイトのタイトルも確認しましょう。

キーワードが同じということは、自然とタイトルが似てくる可能性があります。

似たり寄ったりのタイトルではクリックされません。

ライバルとは違った魅力的なタイトルを付ける必要があるでしょう。

 

魅力的なタイトルを付けるコツは以下の2つの要素を入れることです。

  • 感情に訴えかける言葉(喜怒哀楽)
  • 議論性

記事の内容が予測できてしまうシンプルなタイトルでは、人の興味は引けません。

しかし上の2つの要素が入ると、普通とは違った視点を作りだせます。

検索からアクセスを集めるには、タイトルが全てと言っても過言ではありません。

タイトルを決める際は熟考することをおすすめします。

 

アイキャッチは印象深いものを

アイキャッチ画像はSNSで記事を紹介する際にタイトル以上に目を引きます。

そのため印象深く目に留まりやすいものがよいでしょう。

タイトルと同じように、感情に訴えかけるような画像が最適です。

下の画像のように人物が被写体の画像などは人の記憶に強く残ります。

記事の作成方法(基礎編)

反対にきれいな風景などの画像はあまり印象に残りません。

画像は自分で用意したものでも構いませんが、無料画像サイトの画像も利用できます。

以下のような無料画像サイトの画像は掲載元の許可を得る必要がないものも多いため、ブログ初心者におすすめです。

 

画像に文字を入れたり装飾したりすれば、オリジナリティがだせ他と差別化できるでしょう。

画像編集にはお使いのコンピュータにプレインストールされた画像編集ソフト、または以下のようなオンライン上で画像の加工ができるサイトを利用すると便利です。

記事の作成方法(基礎編)

SNSで記事を紹介しアクセスを集める場合には、アイキャッチのインパクトが大切です。

思わずクリックしたくなるような、人の感情に働きかける印象深いアイキャッチを意識しましょう。

 

文字数は1,500~2,000文字

トレンド記事で大切なことは、事実の要点をおさえ過不足なくわかりやすく伝えることです。

そのため全体の文字数は1,500~2,000文字程度が良いでしょう。
(ライバルサイト次第では例外あり)

2,000文字程度であれば平均3分ほどで読み終わる量です。

旬な話題をネットで検索するユーザーは、主に「情報」を欲しがっています。

端的でわかりやすい記事であることが最優先です。

あなたがスキマ時間でニュースサイトをチェックする時、まとまりのない長い記事を最後まで読みたいと思いますか?

恐らく思わないでしょう。

なぜなら、あなたは記事を読みたいわけではなく情報が欲しいからです。

ユーザー目線で考えた時、トレンド記事に長文は全く必要ないことがわかると思います。

 

見出しはh2までが重要、3~5個程度が最適

トレンド記事はh2見出しまでが重要です。

h2見出しにはキーワードを散りばめSEO対策をしましょう。

なるべく自然な文章になるよう意識してください。

h3やh4見出しもありますが無理に使う必要はありません。

ユーザーにとって必要であれば入れるべきですが、文章構成が複雑になってしまいます。

情報をわかりやすく伝えるトレンド記事に、絶対に必要なものとは言えません。

 

また1記事の中にh2見出しは3~5個程度、文字数はそれぞれ300~500文字程度が最適です。

記事の作成方法(基礎編)

あまりにも見出しが多い場合、記事全体の文字数が増え、結果としてユーザーにとって大変読みにくくなってしまいます。

また1つの見出しが長すぎるのも読みにくい原因です。

見出しを上手く利用し情報を整理して、ユーザーが読みやすいシンプルな記事構成になるよう心がけましょう。

 

スマホからの見やすさを意識

最近はスマホでネット検索をするユーザーが増えています。

記事はスマホで多く読まれることを意識し、読みやすくなるよう工夫しましょう。

すぐに実践できるものは「句点での改行」と「一文の長さの調節」です。

改行を句点(。)ごとに行うと、スマホの画面上ではとても読みやすい記事となるでしょう。

下の画像はスマホからみた記事です。

記事の作成方法(基礎編)

全て句点で改行されスッキリとしています。

このように記事の読みやすさは視覚的な見やすさからも影響を受けます。

簡単ですぐに実践できる工夫の1つです。

 

そして次に気をつけたいことは「一文の長さ」です。

一文の長さはスマホの画面で多くても3~4行程度になるよう調節しましょう。

下の画像は先ほどと同じものですが、今度は行数に注目してください。

記事の作成方法(基礎編)

一文が画面上では1~4行の一塊になっています。

それ以上になると文字の多さがストレスとなり、ユーザーが読むのを止めてしまう可能性があります。

一文が長い場合には文章の意味に配慮しつつ、二文に分けると良いでしょう。

>>次へ進む:【CTR爆増】最適なアドセンスの広告配置