ブログサポートプログラム

この記事ではGoogleアドセンスとアフィリエイトの違いについてご説明します。

ブログで収益を得る場合、その収益は主にアドセンスとアフィリエイトから発生します。

しかし2つには大きな違いがあり、使いこなすためにはそれぞれの特徴を理解する必要があるでしょう。

アドセンスとアフィリエイトの違いを理解し、ブログでの収益化に役立ててください。

 

決定的な違い

Googleアドセンス(以下アドセンス)とアフィリエイトには決定的な違いがあります。

その違いは以下の広告のタイプです。

  • アドセンス = クリック報酬型広告
  • アフィリエイト = 成果報酬型広告

 

アドセンスは広告がクリックされることで報酬が発生する「クリック報酬型広告」。

広告をワンクリックするだけで即時報酬が発生する仕組みです。

クリック報酬型広告はGoogleだけではなく「忍者Admax」や「i-mobile」などもサービスを提供しています。

 

一方アフィリエイトは、広告主が求める成果条件を満たした場合にのみ報酬が発生する「成果報酬型広告」です。

成果条件とは、例えば商品の購入やサービスへの申込みなどです。

要するに読者にまずはアフィリエイト広告をクリックしてもらい、その後成果条件を満たすための行動を起こしてもらう必要があります。

広告をクリックされただけでは報酬は発生しません。

下の図はアドセンスとアフィリエイトの報酬発生までの流れを、わかりやすくまとめたものです。

アドセンスとアフィリエイト

クリック型であるアドセンスはクリックのみで報酬が発生します。

しかしアフィリエイトは、広告をクリックした後に更にアクションが必要なことがわかります。

 

その他の違いとそれぞれの特徴

ここでは広告タイプ以外の違いについて見ていきます。

下の表はアドセンスとアフィリエイトの違いをまとめたものです。

これらの違いは同時にそれぞれの特徴であるとも言えます。

※以下の表はスマホ上で右にスライドできます。

Googleアドセンス アフィリエイト
広告タイプ クリック報酬型広告 成果報酬型広告
広告主との仲介 Google ASP
報酬発生難易度 簡単 普通~難しい
報酬単価 数十円 数十円~数万円
プログラム参加承認の難易度 難しい プログラムにより異なる
広告(プログラム)の選択 Googleによる自動配信 プログラム毎に申込みが必要
最低支払金額 8,000円~ ASPにより異なる
必要なスキル なし マーケティング
ライティング
デザイン など

 

アドセンスとアフィリエイトは、報酬にも大きな違いがあります。

上の表からもわかるように、アドセンスの1クリックの報酬単価は「数十円」です。

アフィリエイトはプログラムにより差はありますが、高いものでは「数万円」です。

アフィリエイトは成約に至るまでが難しいものの、大きく稼ぐことが可能と言えます。

 

しかし報酬発生までの期間はアドセンスが有利でしょう。

なぜならアドセンス広告を記事内やサイト内に設置しクリックされるだけで収益となるからです。

アフィリエイトでは読者を分析するマーケティングスキルや、商品購入を促すライティングスキルなどが必要となりますが、アドセンスにはそれらは必要ありません。

ブログ初心者で経験や知識が浅いうちは、アドセンスが収益源の1つとなるでしょう。

 

アドセンスとアフィリエイトの違いについての説明は以上です。

 

>>次へ進む:【アフィリエイト案件の種類と特徴】初心者が最も稼ぎやすいのは…