ブログサポートプログラム

この記事ではキーワード選定についてご説明します。

サイトやブログの記事を書くうえで、キーワード選定は欠くことのできない重要な作業です。

しかしこの作業につまずく人が多いのも事実。

キーワード選定の重要性を正しく理解し、無駄のないサイト運営を行いましょう。

この記事ではキーワード選定とは何か、またそれに不随する検索需要やライバルとは何かを解説します。

 

キーワードとは?

まずサイトやブログの記事を書く際に用いられる言葉「キーワード」についてご説明します。

キーワードとは、ユーザーがネット検索をする時に使用する単語のことです。

例えばあなたが「通販で買える最新スマホの最安値を知りたい」と思った場合、Googleの検索窓には以下の画像のような単語を入力するでしょう。

キーワード選定について理解する

「最新スマホ 通販 最安値」、この単語がキーワードと言われるものです。

サイトやブログ記事を書く際はまずこのキーワードを決め、記事の内容はそのキーワードに沿ったものにする必要があります。

そのためキーワードそのもの、さらにはキーワードを選ぶ作業がとても重要です。

以下の章ではキーワードを選ぶ作業である「キーワード選定」についてご説明します。

 

キーワード選定とは?

ではキーワード選定とは何かご説明します。

キーワード選定とは、サイトやブログに投稿する記事の内容を決めるため、ユーザーに検索して欲しいキーワードを選ぶことです。

このキーワード次第で「記事が検索上位に表示されるか」「狙ったユーザー層を集められるか」などが決まります。

収益に直接影響が出る部分でもあるため、このキーワード選定は記事を書くうえで最も重要と言っても過言ではないでしょう。

 

このキーワードは自分で考えて作り出すものではありません。

一般的にはキーワード選定ツールを使い、ユーザーが過去に使用したキーワードの中から選び出します。

キーワード選定ツールには以下のようなものがあります。

  • ラッコキーワード
  • Googleキーワードプランナー
  • Googleトレンド
  • Ubersuggest など

下はラッコキーワードの画像です。

キーワード選定について理解する

検索窓にメインとなるキーワードを入れ検索すると、それに関連したキーワードが表示されます。

これらのツールを使って効率良くキーワードを選ぶことで、記事は検索上位に表示され、より多くのアクセスが期待できるようになるでしょう。

そしてキーワードを決める際には以下のような部分を確認し、記事が上位表示できる見込みのあるものを選ぶ必要があります。

  • キーワードに十分な需要があるか(検索需要)
  • 同じキーワードを使っているライバルサイトとの競合性
  • (ライバルチェック)キーワードの検索意図 など

このような条件を加味してキーワード選定を行います。

もし上のような重要なポイントを無視したキーワード選定を行った場合、一体何が起こるのか…

「検索1位なのに全くアクセスがない」

キーワードに需要がない

「ライバルサイトが強すぎて上位表示することができな」

ライバルチェックが不十分

「アクセスは集まっているのに収益がでない」

検索意図がずれている

収益はおろか、記事が検索されず全く読まれないといった状況になるでしょう。

このようなことから記事を書く場合にはキーワード選定が何よりも重要で、収益に繋がる要になることがわかると思います。

>>次へ進む:【検索需要】について理解する