Gとの会合オリジナルツール

Gとの会合では外部企業と提携し、仮想通貨FXの自動取引ツールの開発中です。

bitbankとのAPI連携により外部より自動での取引を実現し、寝ている間に利益を上げる。そんな夢のツールです。(2021年4月発表予定)

bitbankとは?

bitbankはビットバンク株式会社が運営する仮想通貨(暗号資産)取引所です。

取り扱い通貨は7種類。

  • ビットコイン (Bitcoin: ティッカーコード:BTC)
  • イーサリアム (Ethereum: ティッカーコード:ETH)
  • リップル (Ripple: ティッカーコード:XRP)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash: ティッカーコード:BCH)
  • ライトコイン (Litecoin: ティッカーコード:LTC)
  • モナーコイン (Monacoin: ティッカーコード:MONA)
  • ステラルーメン (Stellar: ティッカーコード:XLM)

国内最大級の取引種類数です。Gとの会合ではこの純日本産のbitbankに全幅の信頼を置いており、積極的に活用しています。

bitbankを選ぶ理由

bitobankを選ぶ理由は前述したように純日本産のサービスであることが一つ。さらに強い理由がもう一つあります。それは、取引における手数料にあります。

仮想通貨の取引では”メイカー”と”テイカーという”懸念があるのはご存じでしょうか?

【メイカー】
取引板にない価格で注文することにより注文を取引板に並べて約定した取引のこと。板に流動性を提供する注文です。

【テイカー】
取引板に並んだ既存の注文で約定した取引のこと。既に板に並んでいる注文を約定させる注文です。

一般的に、取引の手数料メイカーはが安く、テイカーが高く設定されています。

だがしかし、bitankはこれだけではありません。なんと、メイカーでの取引に成功すると手数料が安いばかりか、利用者に手数料がプラスとなって帰ってくるシステムなんです。
(2021年1月25日現在)

そして、Gとの会合が開発に携わっているツールは、8割以上の確率でメイカー取引を可能としています。

メイカー

つまり取引自体で利益が生まれなくとも、手数料だけでも稼げてしまうということなんですね。もはや恐ろしい。

bitbank×Gとの会合エンジニアチームで実現したこのアルゴリズムがbitbankを使用する最大の理由です。

bitbankへの会員登録~API取得の手順

オリジナルツールはプログラミング言語を介して動いており、動作にはbitbankへの登録とAPIの取得が必須です。

まずは登録しないことには始まりません。無料登録なのでやらない理由が無いでしょう。

登録の手順等は以下を参照いただきたく思います。

>>bitbankAPIについて

Gとの会合はbitbankを利用した仮想通貨取引ツールの開発に携わっています。

興味がある方はご連絡先(メールアドレス・LINE・SNS等)を添えて、Gとの会合までお問い合せ下さい。