アドセンス合格サポート

アドセンス合格したあとに以下の警告が出ることがあります。

要注意 – AdSense サイト運営者 ID が含まれていない ads.txt ファイルがあります。 収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

この警告が出ている時の対処法を解説します。

【確認】警告はこうやってでます

警告はこのようにアドセンス管理画面のホームに出ます。

 

【手順】警告の対処法

さっそく、この警告の対処法を順を追って解説していきます。

まず、Googleアドセンスへログインしてください。

>>Googleアドセンスへログイン

①『サイト運営者のアカウントID』の調べる

「ホーム」→「アカウント」→「アカウント情報」を開きます。

「サイト運営者ID」を確認し、赤枠の部分をコピーします。

 

pub-0000000000000000

(この番号がID番号になります)

 

以下の下線部を自分のIDに差し替えてください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

次に、エックスサーバーに設置していきます。

 

【エックスサーバー】ads.txtを設置する手順

「ads.txt」をエックスサーバーに設置していきます。

①エックスサーバーのファイルマネージャーにログイン

エックスサーバーのファイルマネージャーにログインします。
>>エックスサーバーのファイルマネージャー

 

②ご自身のブログドメインを選択

画面の中から、ご自身のブログドメインをクリックします。

 

③「public_html」をクリック

次の階層画面で「public_html」をクリックしてください。

 

④「ads.txt」と入力 ⇒「ファイル作成」をクリック

右サイドバーの【作成】から「ads.txt」と入力後、「ファイル作成」ボタンをクリックしてください。

 

⑤「ads.txt」の左にチェック入れる ⇒「編集」をクリック

④の過程を終えると、「ads.txt」というファイルが追加されます。

「ads.txt」の左にチェックを入れてください。

【ファイルの操作】の「編集」ボタンをクリックします。

 

⑥編集画面で「自分のIDコード」を入力

「ads.txt」の編集画面に、先程作成した自分IDの文字コードを入力します。

※下線部はご自身のIDです。

手で入力すると間違えやすいので、以下コピペで入れて下さい。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0


 

⑦「保存する」をクリック ⇒作業完了

エックスサーバーで複数のブログを運営している場合は、同じ作業をそれぞれのブログに対して行っていきます。

警告が消えているか確認する

平日であれば1~2日で反映されるので、Googleアドセンスのホーム画面から警告が消えているか確認します。

検索窓に入力して確認する

検索エンジンによって「ads.txt」が探せる状態になっているかは、

https://◯◯.com/ads.txt

のように「ドメイン名/ads.txt」と検索窓に打って確認してみましょう。

ads.txtの中身(入力したコード)が表示されればOKです。

もし作業が上手くできない方は、こちらも参考にしてください。

 

【補足】「ads.txt」ファイルをアップロードする方法

「ads.txt」ファイルをアップロードする方法もあります。

❶右にある「ファイルを選択する」ボタンをクリック

❷「ads.txt」ファイルをクリックして「開く」ボタンをクリック

❸「アップロード」

❹アップロードされているかを確認

 

Google公式サイトが出している解説

https://support.google.com/adsense/answer/7532444?hl=ja

エックスサーバーのファイルマネージャーの取説

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_tool_file.php

 

>>次へ進む:ブログを続けることのメリットを理解する